04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.02/09(Sat)

ダメ大人の旅行記


2月10日に東京で行われるハガネのオンリーイベントのためいつもの如く前日の関東入りです。本当は10日の朝一の便で東京に出て、11~12日でブラブラしようかなとも考えていたのですが、この時期は天気によっては飛行機が飛びませんので、やはり安全を喫して前日入りすることにしました。

そんな訳で今回も関東に住まう友人―翠さんに連絡をとり遊んでもらうことに。
(本当にいつもゴメンよ翠さん)翠さんはネットで知り合った、歴史好き仲間。
過去の吉野旅行で初めてお会いして以降、私が関東にいく時は都合のつく限り遊んでくれる友人ですが、なんというか学生時代とか、会社の友人とかに比べて会う機会は各段に少ないのに、既に10年来の友人のような馴染みっぷりとなっています。私の大事な友人の一人ですね。

出発の2、3日前まで、どこに遊びに行くかイロイロ検討していたのですが、結局、今回も鎌倉に行くことにしました(笑)。
鎌倉駅で待ち合わせをしていたのですが、乗換えの電車の時間が横浜で一致して、横浜駅のホームで合流出来ました。
鎌倉到着は11時頃になりますので、まず腹ごしらえ。他にも美味しそうなものはあるというのに「鎌倉丼が良い!」という私の強い希望で、鎌倉丼を食べました(笑)。いえ、久しぶりに食べたかったのですよ(←自分で作れよ)。あぁ、満足×2。

その後は、まずは八幡宮にお参り。
丁度、舞殿で結婚式がされていました。良いですね、八幡宮での神前結婚式。
欲を言えば紋付ではなく烏帽子直垂で…というのが私と翠さんの共通の見解(笑)。

しかし、八幡宮の以外は特に行先を決めてなかったのよねぇ。
この段になって打ち合わせに入ります。

私:「宝戒寺は?」
翠さん:「この前行かなかった?」
私:「銭洗い弁天は…駅に戻って反対方向だしねぇ。巨福呂坂抜けてキタカマ(←北鎌倉の略)にでも行きますか」
翠さん:「じゃぁ、西鳥居から出たほうが近いね」

―と、ガイドブックも地図もないまま交わされる会話は既に観光客ではありません(笑)。
翠さんには神奈川に住む自分より、鎌倉に詳しい北海道人と笑われます。

お気に入りのカフェで途中、お茶をしつつポテポテと巨福呂坂を抜けて、北鎌倉へ。
私は食べることには余り拘りのない人間なので、旅先で気に入った飲食店とかないのですが、翠さんは旅先の美味しいものを見つけるのか好きってことで、よく知っている美味しいお店とかに連れて行ってもらいます。おかげで旅の楽しみが増えたりしてます。
まぁ、一人でいるとやっぱりナカナカ入らないんですけどね。

建長寺には前回行っているので、今回は円覚寺に。
禅寺の庭は、やはり私達には理解不能でした(大笑)。

会社の同僚が「寺なんか、高校の修学旅行で行って以来行ったことがない。今なら、もう少し楽しめる気はするが…」と言っていましたが、歴史に興味のある人か日本建築に興味のある人でもないと、きっと幾つであっても寺巡りって楽しいものではない気がするのですけど、どうなのでしょうね?
私なんかは自分の好きな時代とか好きな人物由来の場所しか、行きませんもの(←正行の墓のために宝筐院には行くくせに、最寄駅の目の前にあった世界遺産の竜安寺にはいかない奴)

その後は電車で再び鎌倉に戻り、今回は、少し早めに鎌倉から横浜に向かいました。
それにしても横浜も人が多いですよね。大阪に行った時も思いましたが、札幌の混雑なんて、本州に比べると本当に大した事ない気がします。
よって、北海道仕様に慣れている田舎者はちょっと大変です(苦笑)

夕飯を一緒して、9時過ぎには翠さんとお別れしホテルへ。
この頃にはみぞれのような雪が降っていて、東京の電車について些か心配をしていたのですが、無事に私を目的地まで運んでくれました。

ただでさえ方向音痴なのに夜ということで、ホテルのありかを確認するのに少々手間取りましたが、無事到着。
明日は、また別の友人達と騒ぐ予定のため早めに就寝でして1日目を終えました。







スポンサーサイト
EDIT  |  23:50 |  未分類  | TB(0)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。