08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.10/24(Mon)

「義経」感想

昨日、録画した義経を鑑賞していたら、また選挙速報が…。勘弁してくれよ、全く。そんな訳で土曜日取り直しです。

さて、肝心の本編は義経がゴロゴロと転落人生の坂を
下っています。「鎌倉に弓を引くつもりはない」だけど
「鎌倉とは違う自分の理想の国をつくりたい」とか言って
いましたが、『義経バカかお前は!』と言いたい。

戦争って基本は理想と理想の妥協点が見つからなくて起きるものですよね。(もちろん領土拡大とか多々の思惑もあるでしょうが)
頼朝の国作りを義経が認めない以上、同じ日本というを国に理想を求めるのであれば行き付く先は戦しかない気がするのですよ。
奥州が藤原氏の目指す国造りを出来たのは、あの地を蝦夷の地として蔑む、都の人間が年貢さえ納めていれば文句を言わない、いわば日本と認められていないような場所だったからに他ならないのではないしょうか。
だから、その点ではトラブルメーカーの伯父・行家が言う『それを鎌倉では謀反とみなす』という意見は正しいと思いますよ。
別に戦をするのが正しいという気は全くないのですが『戦上手かもしれないけど、本当に考え甘いよなぁ』という感が拭えません。

それにしても政子が回を増す毎に悪役化している(涙)
北条氏を腹黒一族にするのは止めてくれ~~
スポンサーサイト
EDIT  |  00:01 |  歴史  | TB(0)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。