04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.08/21(Sun)

「鋼」語り

そんな訳で暫くの間、興味のない人には全く面白くない「ハガレン」語り。今、壊れてるんだよゴメン。

会社の後輩は読み違えましたが、長年の友人達は私が好きな
キャラを的確に知っていました。さすがです(笑)。
「ハガレン」を知っている方は予想つきましたか?
知らないかたは機会があって手に取る時に「あぁ、この人か」と
思っておいてください。

では、回答。ロイ・マスタング大佐です。
別に年が一番近いからではありません(大笑)
それを言ったらマース・ヒューズ中佐だって大佐と同じ年だし。

確固たる信念を持っていて、更に『国のトップに立ってやる』という目的に向ってギラギラして口ではクールな事を言っている割に、
仲間思いで自分の身内を傷つけられるのが何より嫌いな情に厚いタイプですね。
理想を持って歩いているくせに、ただの夢想家じゃなくて清濁併せて飲めるあたりが彼の度量だと思うわけですよ。
大河で「夢を見るには力がいるぞ」って台詞が清盛にありましたが、彼も夢を見るために今日の純粋さを捨てて力を得てきたタイプに見えます。

何より私の中では信長さまに似ているのだよ彼は。
国のありかたを変えようとする革命家資質なところとか、他人に何と思われても自分が正しいと信じた道を歩き続ける強さとかね。
自分が奪った多くの命の重さを自覚したうえで、その命を無駄にしないために自分に何が出来るか、何をすべきか覚悟をもって道を歩く姿が好きです。
迷う事はあっても決して後悔はしない。じゃないと、死んでいった人たちに失礼だと思える強さがある人なイメージなのですよ。

それを映画では、見事に後悔だらけで3年(2年?)もウジウジしていたらしいですねぇ。確かに『奪った命を無駄にしないために~』って考え方は自分の行為を正当化しようとする自己欺瞞にも成り得るわけだから、人によっては『そうやって、自分を誤魔化していたんだ』とか言って鬱々としそうだけどね。(きっと、この辺りが映画の製作者と私の見解の相違・大笑)
でも、原作読む限りでは全てを承知して覚悟のうえで歩いているイメージが強いのでやはり納得できません。-というか認めません。(認めないって言ったってアンタ…)
だいたい、アニメでは綺麗に終らせたの意味ないじゃん!!
という訳で映画はなかった事にして、アニメの後日談は自分の想像力(別名、妄想ともいう・笑)をフル活用して、自分の都合の良いように脳内補完することにします(笑)

しかし、この壊れっぷリにサイトの闇鍋度が進む事はおそらく間違いなし。別に歴史ものに飽きた訳ではないのよ。ただ好きなものが増えただけなの。お願いだから暖かい目で見守って~~~。
スポンサーサイト

テーマ : 鋼の錬金術師 - ジャンル : アニメ・コミック

EDIT  |  00:38 |  F.A  | TB(0)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。