01月≪ 2008年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.02/29(Fri)

ネットカフェ難民のその後

一晩をネットカフェで過ごし、朝5時ごろ帰宅。約30分かけて家族を叩き起こしました。
曰く、夜に何度か起きた時に随分、帰って来ないとは思った。
思ったのなら携帯くらいチェック入れろよ、とか私も思ったりする訳ですが、そもそもの原因は己なので言いませんです。ともかく、シャワーを浴びて着替えたら、ゆっくりする間もなく出勤―ってな訳で昼休みの現在はとても眠い。しかし、本日は会社の歓送迎会があって早くは帰れないんだよ~~(涙)。 今日は1次会だけで帰ろう。うん
スポンサーサイト
EDIT  |  13:48 |  未分類  | TB(0)  | Top↑
2008.02/28(Thu)

ネットカフェ難民

私が、です
また、やっちまったよ。家の鍵の置き忘れ~~。
仕事を終えて家に帰って玄関をあけようとしたら、鍵がなかったんですよ。落としたのではなく、おそらく家から持って出るのを忘れたのだと思います。
当然、家の呼び鈴を鳴らし携帯から家に電話を架け、更に家族の携帯に架けましたが応答はなく。このままでは、マッチの向こうにおばあさんの幻とかを見てしまいそうで非難して参りました。
よって、この書き込みもネットカフェからだったりします…。

これが土曜日とかなら、友人の家に転がりこめたのですが、さすがに友人たちは明日も仕事ですしねぇ。いえ、私も明日は仕事なんですけどね。
一度、家に帰ってシャワー浴びる程度に余裕がある時間に家族と連絡がつけば良いのですが、どうなることやら。とりあえずは、ここで一晩過ごします。
それにしても、ネットカフェがあるおかげで助かりますよ。少し前なら、己の凍死体をつくるところでした。あわわわ…。気をつけよう…… OTZ (←反省中)

EDIT  |  23:58 |  未分類  | TB(0)  | Top↑
2008.02/27(Wed)

フットサル大会

職場のイベントで有志によるフットサル大会が行われました。
ので休みだけど行って来ました。仕事が終わった後なので20時スタートだったのですが、観戦に来たメンバーも含めると40名くらいかな。酒を飲む席以外で夜にこんなに人数が集まるのは何か、不思議な感じでしたね。

ゲームは4チームに別れてのリーグ戦を行ったのですが、いや、疲れました。6分ハーフでしたが、前後半フル出場すると軽く吐きそうでした(笑)。体力、落ちたなぁとしみじみ実感。最後の試合なんか応援しかしてませんでしたよ。
結果、我がチームは最下位。やはりサッカー部出身者を数名ようしたチームにはかないませんな。次回はチームのレベルを均等化させる事が課題になるでしょう。私も次は、もう少し足手まといにならないようにせねば。
それにしても、久しぶりに走り回ったおかげで、今から足が痛いです。相手とぶつかった衝撃で左足なんか膝から下が青紫ですよ(大笑)。こんな青あざは小学生以来か?
そして、今から筋肉痛が来ているという事は、まだまだ若い証拠かと思ったり思わなかったり(どっちだよ)。こんな事を考えている自体が若くない証拠でしょうか?(笑)
EDIT  |  23:47 |  未分類  | TB(0)  | Top↑
2008.02/11(Mon)

完 ダメ大人の旅行記

本日は16時の飛行機で北海道に戻るので、いつもより東京にいる時間に余裕があります。
―が、私は鎌倉はガイドブックなしでも歩けますが、何度来ても東京は判りません(笑)。また、電車が多過ぎて目的地に辿り着くまでの乗換えが田舎者には難解です。加えて言うなら、今度はそこから空港までの電車とか所用時間とかを考え出すと非常に面倒なんですよ。
ホテルのコインインターネットで少し調べましたが、結局行先を決めぬままホテルをチェックアウト。南千住の駅で携帯電話で乗り換え検索しながら目的地を考慮しておりました。

最初は明治神宮にでもいこうかなぁと思っていたのですが、昨日、滝流さんが「歴史好きには上野も面白いですよ」と教えてくださっていたので、上野に向かうことにしました。幸い、南千住からは電車で1本。空港までの乗換えも辛うじて判るという好条件です。

そんな訳で到着した上野。駅でふと見る上野公園内にある東京国立博物館の平成館にて「宮廷のみやび-近衛家1000年の名宝」なるものが行われているではありませんか。宮廷文化にはあまり興味はありませんが何か面白いものがあるかも…と見学にいくことに決定。
駅を出て最初に思ったことですが、上野公園ってでけぇ!!

私は上野動物園のパンダと寛永寺。そして西郷隆盛像のイメージくらいしかなかったのですよ。まぁ、徳川将軍家の菩提寺で、江戸城の鬼門除けで、戦のときは出城となるように造られていた寛永寺の跡地だと言われれば納得も出来ますが、自分の想定外だったので驚きました。

博物館も多くて立派でした。しかも、人が多くてびっくりしました。
だって入館料が1400円とか取られるのですよ?特別興味のない人は、そんな値段まで払ってみませんよねぇ。親子連れとかカップルとか…あの人たちって、みんな歴史好きなんだろうかと考えてみたり。あぁ、書道家ってセンもあるかな。うぅむ

藤原北家の流れをれを汲み、五摂家の筆頭で公卿第一の名門の近衛家が、1000年に渡り保管してきた展示物はさすがに凄いものが多かったです。
藤原道長の直筆の日記(御堂関白記)なんか平安期のものですからねぇ。よく無事で…。
ちなみに、この日記には道長が吉野の金峯山寺へ経を納めに行った記載があります。吉野山の歴史を記した案内板にも確かに、その記載はありました。
道長は、あの山道をきっと牛車で登ったのでしょう。今でも歩くの大変なあの吉野の山を牛車で…と思うと舎人の苦労が偲ばれます(大笑)。

すごく、心が惹かれたというものはありませんでしたが、平重盛とか後鳥羽上皇や伏見天皇の書状とかは、やはり興味深いものがありました。あとは近衛家の21代当主である近衛家熙(いえひろ)の書。名前と能書家だってことくらいは知っていたのですが、書画・茶道・華道・香道など諸芸を極めた、博学多識のマルチ文化人だったらしい。書にいたっては素人の私が見ても美しいと感じるものでした。美しい文字って芸術よね。

混んでいたこともあって、のんびり見ていたら軽く2時間くらい過ぎてましたよ。
寛永寺に行って彰義隊の碑を見てこようとか、やはり西郷さんの像は見なければと思っていたのですが、お土産を買う時間等も考慮し、今回は博物館だけで終り。次回、上京した時も東京観光は上野にしようと思いつつ駅に戻りました。
あとは、駅で土産物を買って空港へ。飛行機の到着が遅れたこともあり、自宅に着いたのは20時ころでした。明日から仕事ですが、この幸せの余韻で3日くらいは広い心でいられることでしょう(笑)。

尚、次は5月の予定です。いつもの皆様、また宜しく!!(笑)
もう一つの約束も必ず実現しませう。
EDIT  |  23:54 |  未分類  | TB(0)  | Top↑
2008.02/10(Sun)

続・ダメ大人の旅行記

泊まったホテルは南千住でした。何か、この界隈増えているらしいですね。簡易ホテル。金額は安価ですが、テレビと冷蔵庫はあるけど布団を敷けばいっぱいになるような寝るだけの部屋で、トイレ・洗面場は共用で部屋の外。コイン式シャワーもありますが、時間交代で男女が入れ替わる大浴場がありました。
まぁ、私の場合は実際に寝るためだけに使うようなものですから、のぉぷろぶれむ。
施設もキレイでしたし、足を伸ばして入れるお風呂もあるしで、寧ろ下手なビジネスホテルに泊まるより良かったかもしれません。

イベントは11時からだったので、チェックアウトをする人たちを尻目に、ダラダラと10時過ぎから身支度を開始し電車を乗り継いで、会場へ。
3度目か4度目にして、初めて迷わずに辿りつけました(よ大笑)

さてさて、顔なじみは何処にいるかな?と探していたら、向こうが先に見つけてくれましたよ。
ここに揃うメンバーも私の大事な友人たちです。
もともと趣味が同じ仲間の集まりですから、友達の友達は友達的にお付き合いさせていただいたりもします。北は北海道、南は奈良・大阪(←どっちのが南だ?)のメンバーですね。

とりあえずは、買い物・買い物と本を買い漁ります。
会場では初回限定でついていたハガレントランプやカルタを使ってのゲーム大会とかも行っていましたよ。確かに、あのカルタはこんな場でなければ使えないよね(笑)。

何だかんだと15時までいて、その後はいつものカラオケへ行って夕方から居酒屋。
人数が多いうえに絶対にガヤガヤになっちゃうから入れるところが限られるんですよねぇ。
もちろんお互いの近況報告とかもしますが、話しの中心になるのはやはりハガネのことかな。

大佐と中尉の年がいくつ離れているかとか、他のキャラの年齢ってどのくらいかとか、ゾルフはやっぱりロリ○ンなんじゃないかとか(大笑)…。
みんな独自設定とか見解があって面白いわけですよ。
・イシュバールの時に大佐が22歳そこそこだから云々
・そもそも、軍事国家だから士官学校入学できるのは云々
・イギリスでいくと士官学校の入学は…
・でも、戦前の日本を例にすれば、通常教育の後に希望して士官学校へ云々

-等など、原作や同人を読むだけやの友人に言わせると「普通、考えないだろうそんなこと」って事なんですけどね。

楽し過ぎて別れたくはないのですが、ワオさん・龍華さんは本日の夜行バスで関西に戻られるということで21時過ぎには解散となりました。
遊んでくださった皆様、本当にありがとう~~。

明日、帰りの私は途中まで2人をお見送りの後、ホテルへ。
買い漁った本を読みながら2日目の夜は更けたのであります。


テーマ : 鋼の錬金術師 - ジャンル : アニメ・コミック

EDIT  |  23:43 |  未分類  | TB(0)  | Top↑
2008.02/09(Sat)

ダメ大人の旅行記


2月10日に東京で行われるハガネのオンリーイベントのためいつもの如く前日の関東入りです。本当は10日の朝一の便で東京に出て、11~12日でブラブラしようかなとも考えていたのですが、この時期は天気によっては飛行機が飛びませんので、やはり安全を喫して前日入りすることにしました。

そんな訳で今回も関東に住まう友人―翠さんに連絡をとり遊んでもらうことに。
(本当にいつもゴメンよ翠さん)翠さんはネットで知り合った、歴史好き仲間。
過去の吉野旅行で初めてお会いして以降、私が関東にいく時は都合のつく限り遊んでくれる友人ですが、なんというか学生時代とか、会社の友人とかに比べて会う機会は各段に少ないのに、既に10年来の友人のような馴染みっぷりとなっています。私の大事な友人の一人ですね。

出発の2、3日前まで、どこに遊びに行くかイロイロ検討していたのですが、結局、今回も鎌倉に行くことにしました(笑)。
鎌倉駅で待ち合わせをしていたのですが、乗換えの電車の時間が横浜で一致して、横浜駅のホームで合流出来ました。
鎌倉到着は11時頃になりますので、まず腹ごしらえ。他にも美味しそうなものはあるというのに「鎌倉丼が良い!」という私の強い希望で、鎌倉丼を食べました(笑)。いえ、久しぶりに食べたかったのですよ(←自分で作れよ)。あぁ、満足×2。

その後は、まずは八幡宮にお参り。
丁度、舞殿で結婚式がされていました。良いですね、八幡宮での神前結婚式。
欲を言えば紋付ではなく烏帽子直垂で…というのが私と翠さんの共通の見解(笑)。

しかし、八幡宮の以外は特に行先を決めてなかったのよねぇ。
この段になって打ち合わせに入ります。

私:「宝戒寺は?」
翠さん:「この前行かなかった?」
私:「銭洗い弁天は…駅に戻って反対方向だしねぇ。巨福呂坂抜けてキタカマ(←北鎌倉の略)にでも行きますか」
翠さん:「じゃぁ、西鳥居から出たほうが近いね」

―と、ガイドブックも地図もないまま交わされる会話は既に観光客ではありません(笑)。
翠さんには神奈川に住む自分より、鎌倉に詳しい北海道人と笑われます。

お気に入りのカフェで途中、お茶をしつつポテポテと巨福呂坂を抜けて、北鎌倉へ。
私は食べることには余り拘りのない人間なので、旅先で気に入った飲食店とかないのですが、翠さんは旅先の美味しいものを見つけるのか好きってことで、よく知っている美味しいお店とかに連れて行ってもらいます。おかげで旅の楽しみが増えたりしてます。
まぁ、一人でいるとやっぱりナカナカ入らないんですけどね。

建長寺には前回行っているので、今回は円覚寺に。
禅寺の庭は、やはり私達には理解不能でした(大笑)。

会社の同僚が「寺なんか、高校の修学旅行で行って以来行ったことがない。今なら、もう少し楽しめる気はするが…」と言っていましたが、歴史に興味のある人か日本建築に興味のある人でもないと、きっと幾つであっても寺巡りって楽しいものではない気がするのですけど、どうなのでしょうね?
私なんかは自分の好きな時代とか好きな人物由来の場所しか、行きませんもの(←正行の墓のために宝筐院には行くくせに、最寄駅の目の前にあった世界遺産の竜安寺にはいかない奴)

その後は電車で再び鎌倉に戻り、今回は、少し早めに鎌倉から横浜に向かいました。
それにしても横浜も人が多いですよね。大阪に行った時も思いましたが、札幌の混雑なんて、本州に比べると本当に大した事ない気がします。
よって、北海道仕様に慣れている田舎者はちょっと大変です(苦笑)

夕飯を一緒して、9時過ぎには翠さんとお別れしホテルへ。
この頃にはみぞれのような雪が降っていて、東京の電車について些か心配をしていたのですが、無事に私を目的地まで運んでくれました。

ただでさえ方向音痴なのに夜ということで、ホテルのありかを確認するのに少々手間取りましたが、無事到着。
明日は、また別の友人達と騒ぐ予定のため早めに就寝でして1日目を終えました。







EDIT  |  23:50 |  未分類  | TB(0)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。