01月≪ 2006年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.02/26(Sun)

ぶり返し

全快だ~~と喜んでいたのに今朝、起きたら掛布団がベットから落下していました。
私のベットは80センチ程のロフトベットなのですが、よじ登るのに邪魔なので(低い梯子はありますが邪魔なので外している)落下防止の柵(?)部分を外したら、私はともかく布団がよく落下するのですよ。
そんな訳で、今日も布団が落下していました。いえ、他の布団はちゃんと被っていましたよ。ただ、一番上の一番暖かい布団がなかったのですね。

そのせいか、朝からコンコンと再び咳き込んでいます。情けな…
とりあえずは、まだお酒もコーヒーも美味しいので良しとしておこう。
スポンサーサイト
EDIT  |  20:30 |  未分類  | TB(0)  | Top↑
2006.02/25(Sat)

復活!

本復です。
まだ多少、咳がでますがお酒もコーヒーも美味しく飲めているので、本復ということにしましょう。お酒を飲みながら健康って素晴らしいとしみじみ噛み締め中です(笑)。寝こんでいる間に出来なかった小説の続きとか模様替えの続きとかしなければね。

しかし、数日寝こんでいた間に体がすっかり早寝モード(苦笑)。
時差ぼけみたいに一度、完徹でもしないとダメかなぁ。でも、そんな事をすると、折角治った風邪がまたぶり返しそうだ。う~ん
EDIT  |  21:31 |  未分類  | TB(0)  | Top↑
2006.02/19(Sun)

休みなのになぁ

数日前より風邪をひいてしまいました。
気をつけていたのですけどね…。おかげでここ2、3日は帰ってきたら、食事もそこそこにベットの住人と化しています。今日も日曜日にもぎ取ったシフト休みだったのにベットの住人です。寝過ぎて、床ずれできそう…(笑)

咳が出て体がダルイ程度なので、それほど辛いわけでは無いのですが、会社の人間には「愁紀くん、絶対に熱あるよ」とか言われてしまいました。
額に触っても熱くないのだけどなぁ。体温上がっている自分の手で触るから感じないだけ?

しかし、熱があるとかないとかは大した問題ではないのです。今、私が一番辛いのはお酒とコーヒーが美味しくない事なのだよ。コーヒーはねぇ、美味しくなくてもカフェイン切れるから飲むけどさぁ。飲んでも美味しくないお酒を飲む趣味はないので、ここ暫く強制断酒状態になっています。
あぁ、早く治して美味しいお酒が飲みたいなぁ。

EDIT  |  12:15 |  未分類  | TB(0)  | Top↑
2006.02/07(Tue)

北方領土の日

タイトル通り、本日は北方領土の日なんですよ。
北海道にいるとこの日が近くなると「北方4島は日本固有の領土です」ってCMが流れるのですが、本州はどうなんでしょうね?

さて、これを読んで下さっている方に問題
「北方4島を挙げなさい」


はい。時間です(←時間制限があったのか?)
では、漢字で書けますか?

昔、深夜番組か何かで同じ問題を北海道と大阪で出しているのを見たのですよ。
北海道は解答者が小学生なのですが、全員正解。大阪では大人が解答していましたが正解率は半分以下だったかな。
日本固有のとか言うけど、結局北方領土に関心があるのって北海道だけなのかなと思ったりしたものです。

沖縄の基地問題とかにしてもね、結局は当事者でなければどこか「対岸の火事」みたいな感じでどうかと思うわけですよ。
まぁ、みんな自分の住んでいる地域が一番大事だろうけどさ。

なお北方4島は「択捉・国後・色丹・歯舞」です。
いつになったら、戻ってくるのかねぇ。ーというか本当に戻ってくるの?
戻ってきたら国立とか国定公園にすれば良いのではないかと私は思うな。うん。


EDIT  |  13:44 |  未分類  | TB(0)  | Top↑
2006.02/06(Mon)

仕事をしろよ

いえ、してますよ。ちゃんと。
ただ疲れてちょっと壊れてるだけです(笑)

本日はそんな私と同僚'Sの壊れた日常会話集

1、別チームのAさんを囲んで
同僚1 「Aちゃん、こっちに移っておいで」
Aさん 「あぁ、良いですね。私も移りたいですよ」
同僚2 「どうした?Bさんにセクハラでもされた?(笑)」
同僚1 「何かあったら、おいでよ。Bさんケンカ売りにいくから」
同僚1・2 「「愁紀さん(くん)が」」
愁紀  「君たち…、私を何だと思ってるんだ」
同僚2 「だって、愁紀くんだし」
愁紀  「判った。Aさんが誰のものか判るように奴の前でベロまで入れて
     チュウしてあげよう」
同僚1 「愁紀さ~ん、まだ昼間ですから(苦笑)」

その後、Aさんに辞退されて、ディープなチュウは出来ませんでした(笑)

2、上司からの申し出に
上司  「やっぱり書類の管理とかしてくれる秘書(アシスタント)が
     いた方がいい?」
愁紀  「いた方が良いですねぇ。助かります」
上司  「人選が難しいんだよな。希望とかある?」
同僚3 「美人秘書が良い!」
同僚4 「え~、どうせなら美少年が良いよ」
愁紀  「1人じゃ、その人が休みの日は困るから、2人はいるって。
     1人ずつにしなさい」
同僚3 「愁紀くんは両刀使いだしねぇ」
愁紀  「その言い方、何かイヤだ」
同僚3 「誰が良いかね」
愁紀  「とりあえず、秘書といえば眼鏡か」
同僚3 「眼鏡、良いねぇ」
同僚4 「お~い、君たち壊れてるよ」

未だ我が部署に美人(美男子)眼鏡秘書は来ておりません。


3、手持ち無沙汰に同僚の肩もみ
同僚2 「あぁ、ダメ。気持ち良過ぎる」
愁紀  「声とかないから、面白くないんですが?」
同僚2 「いや、隣に青少年がいるから。やっぱり声だしちゃマズイでしょう」
同僚1 「スミマセン、そこ。会話だけ聞いたら何かメチャメチャ怪しいです」
他部署との電話中にも同僚の肩を揉み、「喘ぎ声(?)が出たらどうするんだ」と怒られる今日この頃です

断っておきますけど、仕事もちゃんとしてますよ。いや、本当に。
こんな会話は、言うなれば息抜き。きっと、どこでも行われている会話に違いない
ーと思いたいのですが、どんなものでしょう?
(↑いや、意見を求められても・笑)

EDIT  |  23:41 |  未分類  | TB(0)  | Top↑
2006.02/05(Sun)

凍死未遂 2

昨日から、北海道では雪が降り続いています。
もう、いい加減にしろと言いたいです。
んで、家族が日中に除雪をしたと言っているにも関わらず、私が仕事から帰って来た時には我が家の玄関前には吹き溜まりの部分でおよそ20センチ近い積雪となっておりました。
朝の除雪は手伝えないからと、珍しく夕食後にせっせと除雪。
除雪していく端から積もっていく雪に虚しさを感じながらも作業して、
とりあえず、こんなもので良いだろうと家に入ろうとしたら…
鍵がかかっていたよ、おいっ!
少し前に親が「じゃあ先に休むから」と言って顔を出して、家に入った際にしっかり施錠したらしい。

自宅前を除雪するのに鍵なんか持ってでるかよっ!!
ーということで、まんまと締め出されたわけですね、私は。
幸い、携帯電話は持っていたので呼び鈴と電話のダブル攻撃を20分近く続けて
ようやく気がついてもらえました。
前回のように会社帰りとは違うので財布も持ってないから、このまま気がついて貰えなかったら、友人の家にも行けなくてどうしようかと本気で考えましたよ。
親に一言言いたいっ「俺を殺す気か~~~っ!」
EDIT  |  22:52 |  未分類  | TB(0)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。