08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11/07(Wed)

世間の常識・歴史好きの非常識

きっと、どんな世界でも同じなのでしょうが自分たちの常識が世間さまには知られていなくて逆に驚くことってありませんか?
特に歴史なんかはバラエティみたいな番組でも扱われるから「何を今更」って思うようなことをよく見かける気がします。
例えば、鎌倉幕府の設立は1192年じゃないとか、あの頼朝の肖像画は別人だとか、そんな話題ですね。
はい、1192年は頼朝が征夷大将軍に任じられた年ではありますが、実質的な政権は既に鎌倉にあり守護・地頭の設置を朝廷に認めさせた1185年をもって鎌倉幕府成立といえるのではないかってのが昨今の認識。
頼朝の肖像画の件は随分、昔から言われていますよね。あれって既に足利直義の肖像画ってことで落着いていた気がしたのですが違うんですか?
私達の世代に教科書に載っていた足利尊氏の肖像画にいたっては少なくても尊氏ではないことが大っぴらに証明されたしねぇ(今は高師直像ってことで良いんでしたっけ?)

私も別に歴史好きってだけで、メチャクチャ詳しいというわけではありませんが、そのての番組をみて「え~~、そうなんですか!?」と驚いているのを見ると、自分の中で常識だったものが世間には認知されていなく驚くとともに、己の歴史知識は一般人からどれくらはみ出ているのか疑問に思うところです。(笑)

蛇足ですが、以前に会社の同僚たちとのお酒の席で何故か話題が同性愛についてに話しが及んだのですが、「同性愛が禁じられたのなんて明治にはいってからで、たかだか100年くらい前の最近だよ。それまでは普通だったんだから別に特別視するものではないんじゃない?」と言ったら「100年くらい前は最近なんだ」とか「別に普通なんだ」とか言われました(笑)。
変なところで歴史好きの認識が一般人と違うことを感じたおはなし。
(えっ、それともこんな風に思ってる歴史好きって私だけ?)
スポンサーサイト
EDIT  |  15:25 |  歴史  | TB(0)  | Top↑
2006.04/04(Tue)

煩悩旅行記 1 -鎌倉ー

ロイアイのオンリーイベントが東京にあるということで、煩悩に負けた私が己を誤魔化すように『どうせなら前の日から東京に行って、久しぶりに鎌倉へ行こう』と鎌倉行きを目的にすりかえて、一粒で2度美味しい煩悩旅行は設定されました(笑)。

前日に上司の送別会があった為ちょっとヘロヘロになりながら、4月1日の午前5時半には自宅を出発。
寝不足のためか、飛行機に乗っている間口の中にすっぱい味の唾液が広まっていて、大丈夫かよ自分とか思ってましたが鎌倉に着くころにはすっかり回復して今回の煩悩旅行に巻き込まれた翠さんと合流です。
実は会うのは2回目なのに10年来の友のような馴染みっぷりだよ私達。
(笑・私だけか、そう思っているのは?)

今回は半日ほどしか時間がないので、事前打ち合わせで八幡宮→鎌倉宮を歩くことはきめていました。そんな訳で、まず軽く昼食をとって八幡宮へ。
『おぉ、久しぶりの八幡宮』と感動のはずだったのですが、視界を塞ぐ白い布…。実は舞殿が10月まで改装工事なのだそうです(涙)。
本殿の側から桜満開の段葛が見たかったのに~~~。

続いて、頼朝さんのお墓へ。
途中の道にも結構、桜が多くて薄紅色が本当にきれいでした。
人力車の兄さんたちが、お客さんを乗せて来てましたが、一体、あのお客さんはどういうコースで廻ってるのかなぁ。
力車マンの兄さんたちも「ツウ好みだ」と評するようなマニアな場所へ行く私達(←勝手に翠さんも一括り・笑)にはあまり縁がないよなぁ。

私:
「人力車で亀ケ谷の切り通し(←亀がひっくり返ると言われるくらい、急勾配)経由で銭洗弁天に行ってください、とか言ってみたい」
翠さん:
「鬼だ~。吉野の山に牛車でいく平安貴族なみに鬼だ~。
だいたい愁紀さん、それって未失の故意で殺人では…(笑)」
私;
「じゃあ、東勝寺跡まで」
翠さん:
「だから、それは(以下略)」

ーなんて、会話を交わしながら次は東勝寺跡&腹きりやぐらへ向います。
東勝寺跡までも亀ケ谷の切り通し程はいかなくても結構な坂道。
きっと喝喰時代の直冬は、この辺で遊んだり、お使いでこの道を駆け抜けたりしたんだろうねぇ。やはり、義詮とは鍛え方が違うなとか、話しながらテクテク歩く2人です。

東勝寺は北条泰時創建のお寺であり、北条氏終焉の場所でもあります。
そんな由緒ある寺へ、尊氏が「自分の子ではない」という直冬を預けたのは、結構謎です。だって、お寺ならそれこそ沢山あるのだから自分の子でないというなら、もっと名もないような寺に預ければ良いじゃないですかねぇ。
そんな疑問を語っていたら翠さんが一言。
「きっと、尊氏は坊ちゃんだから立派な寺しか知らなかったんだよ」と結論。
全くだね、はい。
すぐ近くにある腹切りやぐらで北条一族の冥福を祈ります。

(2へ続く)

EDIT  |  06:57 |  歴史  | TB(0)  | Top↑
2005.12/12(Mon)

「義経」最終回!!

義経が遂に最終回となりました。作日は見れなかったので、本日DVDチェックして無事に録画が完了していることを確認。色々ありましたが、無事に全話録画完了です。

それにしても最後まで演出過剰だったーとは友人の言。いや、まったくそうね。「時宗」の時は蒙古襲来の戦シーンとか最終回とかで結構泣けたのですが、義経は殆ど泣き所がありませんでした。重盛さまとか義仲の最期のシーンくらい?(←主人公、関係ないし…・笑)最終回も三郎の最期が少し切なかった程度で、義経の事は別に…(←ひどっ)。友人もねぇ、弁慶の立ち往生から謝っている泰衡殿の辺りは泣けたと言っていましたが、それも義経除くって注釈つきでしたから。私達の中でいかに義経の扱いが低いかを伺わせます(大笑)しかし、北条父娘がすっかり腹黒親子に…。くそうN●Kめ。ところで途中から範頼の出番がありませんでしたよね?鎌倉にいたのはずなのに、出番ないって、どうよ。仲良くしていたのに景季どのの出番も無かったしね。今いち、終った~~という達成感がなくて残念な終り方でした。

来年の「功名が辻」はあまり興味がないんだよなぁ。「太平記」とか「信長」「炎経つ」「時宗」の再放送してくれないかな。完全版が見たいです。
EDIT  |  20:57 |  歴史  | TB(0)  | Top↑
2005.12/05(Mon)

義経感想

友人たちから、以前にかいたゲームのプレイスタイルについて『殲滅戦』は笑えたといわれました。しかし、誰も否定しないのところがスゴイよな。うん(大笑)


義経が遂に奥州にたどり着きました。
しかし、たどりついたのもつかの間、秀衡さま死んでるし…。
4年位あったはずだよね、本当は?
しかも、本当は奥州には正妻も連れて行ったし、子供も生まれていたはずだ。まぁ、熊野参道は女人禁制ということで静を置いていった大河では正妻は連れて行けないのだろうけどね。
泰衡さまが小心者すぎて、見ていて辛いです(涙)
世間一般の泰衡さまのイメージって、あんな感じなのかなぁ。私は「炎立つ」のイメージが強いからねぇ。「あんなの泰衡さまじゃ、ないやい」と拗ねながら見ています。そもそも、義経より泰衡さまの方が好きというのが問題?(←呼び方からして差がついているし・笑)来週は遂に最終回です。過去に何度か大河を録画していますが、一度も取りこぼしが無かった完全版DVDが初めて完成できるかな。時間の延長を忘れないように気をつけねば!
EDIT  |  23:40 |  歴史  | TB(0)  | Top↑
2005.11/20(Sun)

「義経」感想?

寒い~、寒い~。腰が痛い(←何か違うぞ・笑)
いや本当に寒いんです。雪が降るようになっているのですから当たり前なんですけど夜に部屋でパソコンをいじりながら、うたた寝したら凍死出来そうな気がします。リビングは既にストーブが使われているのですが、今年は灯油も高いのでまだ我慢。しかし、これで風邪をひいては元も子もないので、その辺りが難しいですね。外に出る時もねぇ、まだ真冬のコート着るのは抵抗があるけどコートがないと寒いしで本当に困ります。真冬のコートって雪が積もり始めるまで着てはいけない気がするのは私の気のせい?

え~と、義経の感想!!
話の流れを随分入れ替えたなぁというのが第一の印象。
舞の奉納があってから、出産が正しい順番だし行家伯父が掴まったのはこの2つの間だったと思いましたが?
いや、別に良いけどさ。
政子にしろ静にしろ凄いよね。あの時代にあって、自分の意志で決めた、ただ一人―しかも、それは罪人として流人であった男であったり、謀反人として追われている男ーについていく覚悟があるんだもの。しかし、兄弟揃って自己主張の強い女が好きって…。女の好みって遺伝か?(大笑)

忠信が、忠信が~~!!継信に続き忠信までが亡くなってしまいました(涙)継信亡き後、武者らしい唯一の家臣だったのに、これで義経の周りはイロモノばかりに…(←をい)

紅葉があまりに作り物感があって、残念でした。あと義時の席次!確かに頼朝の祗候衆として信頼される側近の御家人の一人ではあったでしょうが、梶原景時・和田義盛・そして父の北条時政等の面々と同じ座にいるのはどうかと思ったのですが、どうなのでしょうね?
EDIT  |  23:19 |  歴史  | TB(0)  | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。